2021年10月16日(土)
開演:午後6時 / 開場:午後5時


つきしろ広場(野外ステージ)

ABOUT

南城市文化センターシュガーホールに隣接する野外ステージ
つきしろ広場でのジャズコンサート。
国内外で活躍するミュージシャン達が
世代を超え、ジャンルを超えて、
自由な発想のもとシュガーホールに集結します。

LIVE

与世山澄子&フレンズ

与世山澄子(vocal)
1940年、八重山諸島の小浜島に生まれる。16歳でデビューし、1957年、ボブ・ホープとレス・ブラウン楽団と共演。1972年の本土復帰まで、米軍基地のクラブでフルオーケストラをバックに活躍する。現在も沖縄はもとより、全国でのライブ公演を中心に精力的に活躍中。

佐山こうた(piano)
東京都出身、ボストンのバークリー音楽院卒。2007年にバンド「SolidNexus」のメンバーとしてCDデビューし、2010年には自身名義のアルバム「流出」を発表する。由紀さおり、サーカス、MayJ.、前野健太など、シンガーの伴奏者やバンドリーダーとして高い信頼と評価を得ている。

西川勲(bass)
尚美高等音楽学園中退後帰沖。米軍キャンプでプロのベーシストとして活動を始める。その後、新宿ピットインで向井滋春や渡辺加津美らとそのセッションを経て、現在は県内各地のライブハウス、ホテルなどを中心にライブ活動をおこなっている。

セバスティアン・カプテイン(drums)
1969年、オランダ生まれ。幼少からチェロを学び、14歳の時にドラムスを始める。1996年、グローニンゲン音大を卒業後、NewYorkに渡り多くの打楽器奏者からレッスンを受ける。これまでトゥーツ・シールマンス、マイク・デル・フェロー、ジェシ・ヴァン・ルーラー、ブラッド・メルドー(Pf)、アーネスト・ラングリン等と共演、現在も国内外にて数多くのツアーや録音を行っている。

SpecialSuperagesU.F.O

第15回ジャズイン南城のために結成されたスペシャルユニット。

こはもとヨーダ正(sax)
86年大森明に師事。'90年に渡仏、'92年に渡英、'99年渡米。'93年帰沖後は、屋良文雄、香村英史をはじめ沖縄内外のミュージシャンと共演。「沖縄ジャズギルドオーケストラ」「エレメントオブザモーメント」「コハモトリオ」などを編成し国内外のフェスティバルに参加。県内外ライヴハウスで活動中。

真境名陽一(bass)
沖縄県那覇市生まれ。19~20歳、琉球民謡、ロックなどに親しむ。ジャズ理論、演奏法などをSax奏者、アレンジャーの故、友寄隆生氏に師事。ヤマハポピュラーミュージック講師などを経て、現在県内外の様々なジャンルのミュージシャンと共演しながら、ジャズ系のライブハウス、イベントなどで活動中。

津嘉山正明(piano)
沖縄市生まれうるま市在住
1980年頃からホテルのラウンジやジャズライブハウス等で演奏活動を始める。
2000年頃から、8人編成のラテンジャズバンド“SPICE(スパイス)”のリーダー・編曲・ピアニストとして活動。演奏活動と並行して新人の発掘、育成、及び編曲・歌手サポートにも力をいれている。ピアノ教室はうるま市安慶名。

津嘉山善栄(drums)
沖縄生まれ
ドラム歴50年。19歳でプロドラマーとしてデビュー。1960年後半から71年頃まで、米兵相手のロックバンドでキャンプのクラブ等で活動する。1972年の沖縄本土復帰とともに、ダンス(ジャズ)バンドに移籍。1991年以降はドラムスクールの講師として後進の指導に当たる傍ら、県内のライブハウス等でライブ活動を行っている。

知念嘉哉x西川勲ゲストSam'

西川勲(bass)
尚美高等音楽学園中退後帰沖。米軍キャンプでプロのベーシストとして活動を始める。その後、新宿ピットインで向井滋春や渡辺加津美らとそのセッションを経て、現在は県内各地のライブハウス、ホテルなどを中心にライブ活動をおこなっている。

知念嘉哉(guiter)
1967年沖縄県那覇市生まれ。11才より独学でギターを始める。琉球大学短期学部卒業後、渡米。ニューヨークのロングアイランド大学ブルックリン校にてジャズを学ぶ。2004年帰沖。現在沖縄県内のライブハウス、コンサート等で演奏活動を行う。

sam'
ニューヨーク留学中に、タップダンスに魅了されて踊り始める。AmericanTapDanceOrchestraのカンパニーメンバー等に師事し、BusterBrown,JimmySlyde等と共演。ナショナル・タップ・デイをはじめ、数多くのショーで活躍。帰国後はピアニストの故市川修、山本剛などと共演した他、沖縄を拠点に日本各地でジャズクラブやカフェを中心にパフォーマンスやワークショップを行っている。

KGK

川崎巽也[guitar,effect]
上地gacha一也[double-bass,effect]
城間和広[drums,toy]

KgKはジャズをベースにエレクトロニカやポストロックの手法を取り入れた新しい感覚のジャズバンドです。2005年にファーストCDを発売。浦添のgrooveを中心にライヴをおこなっている。また真夏の夜のジャズイベントと題したDJイベントJAMMETRADEfeaturingDDJ(DisquesDuJaponais)ロトスや(remembranceleftbehindthelastwordvol.1)K-mindなどのハードコアイベントにもゲストで参加する。2006年にはハモンドオルガンの酒井潮とも共演。ジャズクラブ以外にも活動の幅を広げている。

elementofthemoment

2007年10月、沖縄で結成。
5人からなるジャズをベースにしたインストゥルメンタルユニット(SAX:こはもと正、Dr:中村亮、Tb:和田充弘、Pf:佐山コウタ、Ba:高尾英樹)これまでにUEDAJOINT台湾国際ジャズフェスティバル日本代表、沖縄国際音楽祭、ARABAKIROCKFESTIVALなどに出演。全曲オリジナルで、沖縄ならではのあたたかな音と楽曲にふくまれる緻密な編曲、即興性の共存が魅力。

MOVIE

銘刈盛通

小芳家族

知念嘉哉 城間巧介 Duo

element of the moment

Time table

11:30
OPEN
12:00
Jazz in Nanjo Radio
13:00
琉球大学ジャズ研究会
14:00
銘苅盛通&フレンズ
15:00
城間巧介&知念嘉哉
16:00
小芳家族
16:40
Element of the moment
18:00
終演予定

Ticket

前売一般 ¥2,500
当日一般 ¥3,000
高校・大学生 ¥1,000
小・中学生 ¥500
未就学児入場無料

プレイガイド:シュガーホール 098-947-1100<電話予約可> ※月曜休館
オンライン購入▶ https://jazz-nanjo.peatix.com/view

ライブ配信

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策について

  • 入場前の検温を行います。体調不良の方や37.5度以上の発熱が認められた場合は、入場をお断りさせていただく場合があります。
  • こまめな手洗い・うがいや消毒液による手指消毒へご協力ください。
  • 所定の用紙にて、参加者全員のお名前、ご住所、電話番号をご記入いただきます。新型コロナウイルス感染者が発生した疑いが生じた場合、必要に応じて保健所等の公的機関へ氏名・連絡先等の個人情報を提供する場合があります。
  • 会場内ではマスクの着用をお願いいたします。
  • 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止する場合があります。当日は、ホームページ等でもご確認の上、ご来場ください。

Access

南城市文化センター
シュガーホール
つきしろ広場(野外ステージ)
南城市佐敷字佐敷307
※雨天時はホールにて開催